診療案内

手術内容について

狭心症、心筋梗塞に対する手術

心筋を栄養する冠状動脈が、動脈硬化などにより狭窄あるいは閉塞をおこすのが狭心症、心筋梗塞という病気です。そして血流不足の血管に新たな通り道(バイパス)を作成するのが冠動脈バイパス術です。

冠動脈バイパス術は人工心肺装置を使用して広く行われてきましたが、近年人工心肺を使用せずに行う心拍動下冠動脈バイパス術(オフポンプ)も増加傾向にあります。

―狭心症、心筋梗塞に対する永久的バイパス術の取り組み―

冠動脈バイパス手術は安全に行われるようになったものの、吻合部の狭窄の問題や、10年前後でグラフトの変性が起こり、せっかくのグラフトが閉塞してしまうという問題がありました。
1.5ミリ前後の血管を正確に吻合するために、心臓手術にも手術用の顕微鏡を導入し、10倍以上に拡大された視野で精密な吻合を行っております。また、従来グラフトとして使われていた下肢の静脈に代わり、変性の極めて少ない内胸動脈を用いることによりグラフトが半永久的に長持ちするようになりました。

現在、顕微鏡を使って精密な吻合を行い、2本の内胸動脈を積極的に使用することにより、一回の手術で生涯、狭心症、心筋梗塞の恐怖から解放される永久的バイパスの期待が十分もてるようになりました。

―高齢者や大きな病気をもった患者さんへの低侵襲バイパス手術―

一方、患者さんの高齢化に伴い、心臓手術の半数以上が70歳代となっています。80歳以上の患者さんや、腎不全、脳血管障害などの手術の危険性が高い患者さんも増えており、手術侵襲を少なくする為に人工心肺装置を使わないで心臓が拍動したままで行う心拍動下冠動脈バイパス術(オフポンプバイパス術)も行っております。
吸盤を持った小さな特殊な固定器(スタビライザー)が開発され、吻合に必要な部分だけを固定して手術が行えるようになったため可能になった手術です。

心拍動下バイパス術により、手術の危険が高いと考えられていた患者さんに対しても、より安全に手術を行い、術後も速やかに社会復帰ができるようになりました。

アドビリーダーをダウンロード 患者さん向け術前説明用紙を見るためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、左のボタンをクリックしてダウンロードすることができます。ご利用の前にAdobe Readerに添付されている文書をよくお読みください。Adobe Reader及びAdobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。

患者さんへ
教室関係
ご案内
長崎大学病院
心臓血管外科
〒852-8501
長崎県長崎市坂本1丁目7番1号
長崎大学病院心臓血管外科

詳細地図>>

医局TEL
095-819-7307
医局FAX
095-819-7311
地域連携医療センター
095-819-7468
心臓血管外科外来TEL
095-819-7468
緊急連絡先
(当直医PHS)
070-5468-9309

▲ページの先頭へ